【フローフシ】今どきの生肌♪ウルトラCAREするフローフシ、イオン デ クッション☆ - 【フローフシ】 ブログパーツ

Welcome to my blog

韓国コスメ イヤギbyジャヨンミ

Article page

【フローフシ】今どきの生肌♪ウルトラCAREするフローフシ、イオン デ クッション☆

Category - 【フローフシ】
日本では去年からツヤ肌トレンド時代ですよね~
美容誌でも「生肌」なんていう表現を見かけたり、
お気に入りシャンプー、レヴールからは世界初!生シャンプーが発売されたり。
レア、生、ロウ(raw)などのキーワードがHOTな感じがします

長らくツヤ肌ブームが続いていた韓国から
やや、上から目線で言わせていただくと
何をいまさら・・・(笑)という感じがしたのですが、
日本がツヤ肌に転向したとたん、
韓国ではマット肌トレンド時代に突入

なぜなぜ??
このクロスオーバー現象には失笑を禁じ得ません

そしてもう一つ、韓国コスメ好きとして
いまさら・・と思ってしまうのは、
クッションタイプのファンデーションが続々発売されていること。
ランコム、シュウウエムラ、イヴサンローランにディオールなど、
今年の上半期はクッション発売ラッシュでした

日本の初クッションファンデとして名乗りを上げたのが
フローフシ
熊野筆一体型のエリアファンディの発売に続く新作です

関連記事
【フローフシ】一瞬で肌がキレイな人になれる♪エリアファンディのカバータイプとナチュラルタイプ比較☆
【フローフシ】新発売!一瞬で肌がキレイな人になる、エリアファンディの使い心地☆

マスカラやアイライナーを長らく愛用してきた私としては、
これは使わなければ~と思っていた矢先、
友人がわざわざ送ってくれました

フローフシ_クッションファンデ_blog (1)
左)イオン デ クッション Natural 3,200円(リフィル:2,200円)
右)イオン デ クッション Cover 3,200円(リフィル:2,200円)
1号ライトベージュ、2号ナチュラルベージュの2色展開

特徴
フローフシ独自の美容成分、エンドミネラルでエイジングケア
イオンプロテクトシステムが花粉やPM2.5からプロテクト
ショートUV-A、UV-B、ロングUV-A、ブルーライトもカット
ティアドロップ型の独自クッション
素肌そのものが美しくなったような明るいツヤ肌


フローフシ_クッションファンデ_blog (2)
ナチュラルはイエローゴールド、
カバータイプはローズゴールド色のケース
相変わらず美しいフォルムです


フローフシ_クッションファンデ_blog (3)
内ブタにはロゴ~


フローフシ_クッションファンデ_blog (5)
クッションは、ランコムやイッツスキンのような
やわらかい海綿のようなタイプ
リキッドファンデがじゅわっとしみ込んでいます
テクスチャーにはほのかな香りつき


フローフシ_クッションファンデ_blog (4)
カバータイプもナチュラルタイプも、
仕上がりはツヤと透明感のある肌
カバータイプはマットではないけれど、
肌の欠点を目立たなくする効果は十分感じられました


帰国_一日_コスメ散策_エリアファンディ_CANMAKE (5)
02のナチュラルでも違和感なく使っていますが、
店頭でテスターを試した感じでは、01号でも良さそう。
ブランドHPのチャートでは、
潤いと持ちは1号、2号とも同じで
カバー力、ツヤ、軽さに微妙な違いがあるようです。

フローフシ公式ページ

潤いも良かったし、
ツヤ肌にもなれるし、
優秀なクッションファンデと思います
が、誤解を恐れずに言えば
使用感はクッション元祖、アイオペのエアクッション・ナチュラルグロウにかなり近いかな~
比較してみても面白そうですね♪

あ、ティアドロップ型パフの使い勝手は良いです
さすが、よく考え抜かれた商品だなと思いました

☆お知らせ☆
6月26日(日)~28日(火)
三進トラベルジャヨンミツアーお申し込み受付中

みなさんの応援をはげみに更新中♪
がんばれよ~と思って頂けたら、
どうか、お帰りの際にブログランキングバナーをクリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村は下の写真の上でクリック
にほんブログ村 美容ブログ 韓国コスメへ

↓FC2の人気ブログランキングは下のバナー


↓ブログランキングは緑のバナー


フェイスブックページは下をクリックすると開きます
ページに「いいね!」を押して頂けると、最新情報が表示されるようになりますよ~
韓国コスメイヤギbyジャヨンミ | 

韓国コスメランキング韓国コスメブログ人気ブログランキングへ
関連記事

Category - 【フローフシ】

フローフシ クッション ファンデーション ツヤ肌

0 Comments

Post a comment